Slide

NL-Kantoは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした、日本におけるオランダの異分野融合文化プログラムです。世界から注目を集めている関東地方一帯で、日蘭間の文化交流促進を目的とし進行した2021年のプロジェクトをご紹介します。テーマは「包括性」と「首都を超えて」。様々な文化・アートイベントを通じて、クリエイティビティ―を刺激し、高め合っていきたいと考えています。

About
logo-icon

NL-KANTO

NL-Kantoは、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に、東京のオランダ王国大使館、DutchCulture、オランダ国立文化財団により企画されたオランダの文化プログラムです。その目的は、日本とオランダ間の文化交流を促進することと、日本全土で進行中のプロジェクトの成果を関東地方のグローバルステージで発表することです。NL-Kantoのプログラムは「包括性」と「首都を超えて」というキーワードを根底に据えた日本とオランダのクリエイティブ・マインドの努力の結晶です。新型コロナウイルスの発生のため、2020年東京オリンピックが延期されたこともあり、NL-Kantoの実施期間に影響が出ましたが、私たちは日本とオランダのクリエイティブな交流の聖火をしっかりと燃やし続けます。

関東地方には、首都圏およびそれを囲む群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県の七つの都・県が含まれ
ます。日本の人口の三分の一にあたる4千万人以上がこの地域に住んでいます。関東は世界で2番目に大きい地方経済です。

NL-Kanto は、Holland-Kyushu (2016〜2017年) とHolland-Kyoto (2019〜2020年)に続く第3番目のプログラムです。オランダの日本における新しい文化戦略として、2021年から2024年は、「東京とBeyond」をモットーとし、東京を中心とする関東に焦点を当てます。このモットーにあるように、制作活動は東京の外で行いますが、その活動の発表の場は東京です。東京2020オリンピック・パラリンピックのために、東京が次の夏まで大注目されることは確実で、5年間にわたる火付け役的なコラボレーションと東京で構築されたネットワークの成果を披露するよい機会となるでしょう。

二つ目のキーワード「包括性」もまた、東京以外の地域を首都で起こっていることに巻き込むことを意図しています。しかしより重要なのは、教育プラットフォームNL/Minato、日本の身体障碍者へのスポーツの解放を狙いとしたプラットフォームであるゲームチェンジャー、オランダの後援のもと、オリンピック開催に先駆けて設立されたLGBTI常設センターであるプライド
ハウス東京などのような、社会問題を中心に据えたプロジェクトの文化アクティビティーと連携させることです。

新型コロナウイルスは日本とオランダの文化セクターを直撃し、この分野で活動する多くの人々は困難を強いられています。日本とオランダ間の国際文化交流も大きな影響を受けています。具体的には、多くのイベントの開催の延期や中止、二国間の行き来も非常に制限されています。しかしながら、このような難しい状況においても、両国のクリエイティブな才能が新しいやり方を模索し、新形式のコラボレーションや交流を試行錯誤しています。エキサイティングな文化交流の形が今から期待されます。日本とオランダは地理的には離れていますが、共通の興味とインスピレーションを持ったとても近い関係です。

Highlight

NL-Kantoプログラムは様々な文化協力プロジェクトから成り立っています。そのうちのいくつかをご紹介します:

Calendar

関東で行われている、その他プロジェクトについてもご紹介します。

December 2021

  • 29
    July
    31
    December

    『オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの』展示会のオンラインツアー

    @オンライン
  • 18
    September
    12
    December

    「ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」展示会

    @東京都美術館
Reports

Coming soon

Mentions

Coming soon

Contact
イアン・ヤン
オランダ国際文化協力センター (DutchCulture)、国際協力センター
オランダ王国大使館
広報・政治・文化部